ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング

問題解決や論理的思考を探究し続けるブログです。企業でも個人でも、抜本的なビジネス改善から日々のアイデア仕事まで、定めた目的を達成するためのあらゆる営みを「問題解決」と捉えて、理論と実践を一つの体系でシンプルに整理・統合することを目指しています。

論理的思考・問題解決基礎講座

ここでは「論理的思考で人生を変える!」を目指し、そのために必要な

✓ 論理的思考のトレーニング方法
✓ 問題解決の考え方と実践方法

をご紹介しています。ビジネスでも、日常生活でも、あらゆる場面で活用できる超実践的な論理的思考法のトレーニングです。


大事なことなので先に正直に言ってしまいますが、ここで紹介している論理的思考のトレーニングは、初心者向けに書いていますが、内容は決して簡単なものではありません


「記事を読むだけですぐに人生が変わる!」といったことは、残念ながら全く起こりません。手軽に、ノーリスクで人生を変えたいと思っている人にとっては不要な情報ですので、時間を無駄にしないためにすぐにブラウザを閉じてください。


一方で、「論理的思考をコツコツ鍛えることで人生は変わるはず」と信じている人にとっては、本当に人生を変えるきっかけになります。なぜならば、このブログでは

✓ 「3つの思考」という論理的思考の本質・エッセンス
✓ 「実践で使える」というすぐに使える内容に絞って解説し
✓ 「問題解決」というビジネスの本質での活用を目指して

紹介しているからです。誰でも一読してなんとなくできた気になる浅く薄まった気休めの情報ではなく、「これさえできれば100年戦える!」という本質的な価値に絞ってお伝えしています。


残念なことに私自身の文章レベルがまだまだ低いため、文章自体は決して読みやすいものではありません。しかし、伝えている内容については、圧倒的な結果を生み出す優秀な経営者・ビジネスマンが、ビジネスの現場で毎日使っている頭の使い方そのものです。


文章をよりわかりやすく、読みやすいものにするトレーニングは私も日々鍛錬しますので、みなさんには論理的思考・問題解決の本質を掴むことを一緒にトレーニングしていただければと思っています。


ということで、ここから「論理的思考・問題解決基礎講座」のスタートです。長い付き合いになるかもしれませんが、是非一緒に人生を変えていきましょう。

【はじめに】「論理的思考とは何か?」を理解する

f:id:amsoat:20140520105715j:plain

【第1講】「論理的思考」を身につける意味

論理的思考や問題解決の本質に入る前に、1つだけ読んで頂きたい記事があります。次の記事では、「論理的思考をなぜ身につけるのか?」という、取り組む意味について説明しています。


論理的思考を身につけるとこれから自分にどんな変化が起きるのか。目的を明確にしながら取り組むことで一層モチベーションも高まると思います。ぜひスタート時に一読してみてください。

論理的思考をトレーニングする意味│人生を変える3つの理由と実体験

【第2講】「論理的思考」の全体像

「人生を変える」という目的が明確になってきたところで、まずは論理的思考の全体像を把握しましょう


一般的な書籍やセミナーでは、「論理的思考/ロジカルシンキング」という言葉を使いながらも、ここで紹介していることの一部を切り取って「これが全てです!」と伝えています。


しかしそれは、そもそも教えている人自身が「論理」というものの全体像を理解していないことから起きている問題です。

「論理ってそもそも何?」
「論理的思考ってそもそも何?」
「『3つの論理』ってどんなもの?」

という論理的思考の全体像をしっかりと押さえることで、いま自分に必要な情報が何なのか、的確に判断できるようになります。

「論理的思考」とは?│論理的思考の全体像
 

【第3講】論理的思考のトレーニング方法

「3つの論理」やそれらに紐づく具体的な手法など、論理的思考の全体像を把握した上で、「ではまず、何から取り組もう?」を決める必要があります。


以下の記事では、「3つの論理」という新たな理解が「要はどういうことなのか」を理解するところから始めます。


「3つの論理」の勘所を掴むことで「まずはこれからやってみよう」という目処を立て、具体的なトレーニング方法に入っていきます。

ゼロから始めるロジカルシンキング│論理的思考の苦手克服トレーニング
 

POINT

✓ 論理的思考には人生を変える力がある
✓ 論理的思考とは"言い換え""構造化""因果関係”の「3つの論理」を使った思考法である
✓ トレーニングを繰り返すことで思考のためのベースをいち早く習得しよう

 

「3つの論理」を思考に活用する

f:id:amsoat:20171015172755j:plain
Under Constructing
 

「本質思考」を学ぶ

f:id:amsoat:20140917081015j:plain

【第1講】「本質」とは何か?

「本質」とは何でしょうか?「本質的な○○」と聞くとそれだけで「すごいもの」と感じてしまいますが、まずはその言葉の意味するところはしっかり理解しましょう。本質思考がなぜパワフルな思考法なのか、その威力を具体例とともにご説明します

「本質」とは何か?本質思考を身につける意味

【第2講】「本質思考」の実践方法

「本質思考」を一言で説明するならば「物事の本質を見つけて価値に変える思考法」です。圧倒的な思考力を持って高いパフォーマンスを出している人は、どの様に考えているのでしょうか?物事の本質を捉えてそれを実際に価値に変えるために、卓越した思考力の人が無意識でやっている思考法をご紹介します。
 
「本質思考」の実践方法
 

【第3講】「本質」を見つけるためのテクニック

本質思考の実践方法を理解しても、なかなかすぐには「これだ!」と言える本質が考えられないことも多いはずです。そこで著名な社会派ブロガーちきりん氏のブログ記事を参考にしながら、上手に本質を見つけるための具体的な実践上のテクニックを紹介します。

上手に本質を見つけるためのテクニック

POINT

✓ 「なぜ?」と理由を考えることで思考の抽象度を上げ、本質にたどりつくことができる
✓ 普遍的にあてはまる本質を見つけることができれば、行動の成果が劇的に変わる
✓ 本質を見つけるポイントは自分の仮説を自分で批判すること

「仮説思考」を学ぶ

f:id:amsoat:20070101120436j:plain

仮説思考とは本質的な因果関係を分析する思考

仮説思考とは「本質的な因果関係を分析し、変化を起こす仮説をつくる思考」です。物事の因果関係を分析し、その分析した因果関係が本当に正しいのかを仮説検証しながら成果を生み出していく考え方です。


まずは「因果関係を分析する」とはどういうことなのかを理解する必要があります。「ブランチ」という因果関係の記述方法を活用しながら、因果関係の分析能力を鍛えていきます。
 
仮説思考入門│物事の因果関係を分析する方法

仮説思考の実践「ブランチ」入門

因果関係の分析には「ブランチ」という手法が有効です。ここでは「ブランチ」の作り方・使い方を順を追って紹介しています。実践例と照らし合わせて見ることで、具体的な使い方が理解できるようになります。

「ブランチ」入門│因果関係分析のトレーニング
  

POINT

✓ 物事の因果関係分析が出来るようになることが仮説思考の第一歩
✓ 「ブランチ」という手法を使うことで因果関係を分析・記述できる

 

「問題解決」の基礎

f:id:amsoat:20190827102843j:plain

「問題解決」プロセスの全体像

「問題解決」がどのようなプロセスで進んでいくのかを実感できるのが、以下の「天使と悪魔」の問題です。問題を自分で解いてみてください。そして、問題解決のプロセスに沿って考えることとのギャップを確認しながら、「どうやって問題解決は考えを進めていけばよいのか?」を理解しましょう。

論理的思考力(問題解決力)テスト│「天使と悪魔」でトレーニング - ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング
 

現状分析の手法「現状ツリー」

問題解決における現状分析の具体的な手法の一つとして「現状ツリー」をご紹介します。具体的な事例とともに、使い方を学習しましょう。

システムを分析し根本問題を見つける論理的思考│現状ツリー(CRT) - ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング

POINT

✓ 「問題解決」とは、問題を論理的に定義し、解決策を見つけて実行することで、目指すゴールを実現する一連のプロセス
✓ 各プロセスには具体的な手法があり、それらを身に着けていくことで問題解決能力は向上する

 

「問題解決」の実践

f:id:amsoat:20190825121649j:plain
いよいよここからは具体的な問題解決の実践です。問題を分析し、解決策の仮説を立てて実行していくプロセスをどのように進めていくのかを学んでいきましょう。

仮説構築のフレームワーク「仮説の論理構造」

「ブランチ」をベースに作られたフレームワークが「仮説の論理構造」です。前提・目的・行動・理由の4点を明らかにすることで、誰でも再現性の高いロジックを作り上げることができます。

誰でもすぐに”論理的”なプレゼンができるフレームワーク「仮説の論理構造」 - ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング

PDCAサイクルによる仮説検証の実践

論理的に仮説が作れるようになれば、いよいよ仮説検証のサイクルを回しながら事業を進めていく段階に入ります。PDCAサイクルの基礎的な考え方を理解しながら、具体的な実践を進めていきましょう。

役に立たないは誤解!論理的思考に必須のPDCAサイクルの実践法 - ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング
 
また、そもそもの「仮説検証」という考え方を理解することも重要です。仮説の立て方、検証の仕方など、具体的な実践方法について解説しています。

仮説思考で成長を仕組み化する「仮説検証スキル」のトレーニング - ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング

実践者のためのガイド

因果関係の思考を現実の問題に当てはめて使っていくと、「こういうときはどう考えたらいいだろう?」と悩むことがあります。実践者だからこそのお悩みを解消するヒントをお届けします。

経営者が20代のうちに知っておきたかった「ロジカルシンキング」の基礎の基礎① ~「2つ目の原因」を語れ~ - ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング

「矛盾・対立」から本質を見抜くにはどう考えればいいか? - ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング

問題を解決しようとしてはいけない?│優秀な人が陥りがちな落とし穴 - ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング
  

POINT

✓ 論理的思考、特に因果関係の思考をブランチを活用して実践することで思考と現実の問題解決がつながる
PDCAで仮説検証サイクルを回すことが、リソースを成長させ、事業を拡大する最も重要な方法
✓ ある1つの結果は複数の原因の組み合わせで生まれると考える
「問題を解決する」と「目指すゴールを実現する」は異なることに注意する

 

その他のテーマもオススメ

自分を知る・社会を知る

生き方・働き方を考える