ウワノキカクのキカクメモ│「問題解決」を極めるためのアイデア帳

「問題解決」を探究し続けるブログです。企業でも個人でも、抜本的なビジネス改善から日々のアイデア仕事まで、定めた目的を達成するためのあらゆる営みを「問題解決」と捉えて、理論と実践を一つの体系でシンプルに整理・統合することを目指しています。

【問題解決力+論理的思考力】の超良問テスト

 【問題解決力+論理的思考力】の超良問テスト

「問題解決」というと、とても難しく、特定の領域の人だけが関係するものに見えてしまいます。しかし、「問題解決」の本質を一言で言うと「現状から出発し、望ましい状態を実現すること」。そう考えれば、問題解決能力はすべての人間にとって有効なものです。

 

 

というわけで、ここでは「ちょっと頭を使う問題を使って、実際にみんなの問題解決能力をテストしてみましょう」ということをやっております。以下、有名な「天使と悪魔」という題材をベースに作られた問題解決思考テストに取り組んでみてください。

 

 

なお、本当の問題解決能力には実行力も問われるわけですが、今回はブログという形式もありますので、内容は思考力テストとなっております。いかに論理的に考えて課題を特定していくのか、自分が考えたプロセスも意識しながら取り組んでみてくださいませ

 

 

以下、問題です。

 

 

「天使と悪魔」【制限時間15分】

あなたの目の前には、赤い扉と青い扉の2つの扉があります。どちらかが正解、どちらかが不正解の扉で、あなたは正解の扉を選ばなければなりません。

扉の前には、AB2人の妖精がいます。そこであなたは、妖精に質問をして、正解の扉を見つけ出すことにしました。

 

さて問題です。

次の条件がある時に、「確実に正解の扉を選び出すための質問」を考えてください。

 

▼条件

①どちらの扉が正解または不正解であるか、あなたにはわかりません。しかし、2人の妖精は、どちらの扉が正解または不正解であるかを知っています。

②2人の妖精の正体は、一方は常に真実を答える天使、もう一方は常に嘘(真実とは異なる内容)を答える悪魔です。ところが、あなたはそれを見分けることはできません。

③あなたは、妖精ABの”いずれか一人”に”一度だけ”質問をすることができます。

③妖精はYes/Noで回答します。 

 

 

問題解決力や論理的思考力をテストするための非常に良い問題です。制限時間15分で、ぜひ答えを導き出してください。

 

 

実はこのテストの真の狙いは、答えを出して正解・不正解を判定することではありません。「こう考えれば、どんな問題でも答えが導き出せる」という普遍性の高い思考プロセスを自分の頭で作り上げることが一番の目的です。

 

 

ぜひ、「答え」に加えて「考え方(考えるプロセス)」も意識しながら、取り組んでみてください。 

 

 

 

 

 

【問題解決力+論理的思考力】の超良問テスト:解答編 

【解答編】「問題解決」の一般的なプロセスについての考察

 

おすすめ記事

◎問題解決と因果関係の思考の考察【おすすめ】

「原因に手を打つことが大切だ!」は本当か? 問題解決と因果関係の考察①

「原因に手を打つことが大切だ!」は本当か? 問題解決と因果関係の考察②

「原因に手を打つことが大切だ!」は本当か? 問題解決と因果関係の考察③【完】

 

◎因果関係の思考を実践で使いこなすために

経営者が20代のうちに知っておきたかった「ロジカルシンキング」の基礎の基礎① ~「2つ目の原因」を語れ~

「矛盾・対立」から本質を見抜け