ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考のトレーニング

論理的思考をはじめとした思考力向上のためのノウハウブログです。

思考法・問題解決【記事一覧】

全体の体系的な解説はコチラ https://blog.uwanokikaku.xyz/Logical-thinking

論理的に話す人は必ず○○と○○を意識している│ロジカルコミュニケーションの組み立て方

話し方が筋道だっていて、いつも論理的に説得力をもって話せる人は、そうでない人と比べて何が違うのでしょうか? 実は○○と○○を意識するだけで簡単に論理的な話し方の順番を組み立てることが出来るようになります。 論理的に話す人は必ず○○と○○を意識してい…

「論理的」ってどういう意味?│論理的に話すための2つのチェックポイント

あなたは「論理的」という言葉の意味が説明出来ますか? もちろん、ネットで検索すれば辞書的な意味はすぐに出てきますが、具体的に噛み砕いて説明するとどういうことなのか、「論理的」「論理的でない」の境目は実践的にはどこにあるのかなど、改めて考えて…

「コスパのいい知識を身に着けよう」というお話│抽象度の高い知識と思考の使い方

「コスパのいい知識を身に着けよう」というお話│抽象度の高い知識と思考の使い方 「考え方」にこだわった果てに見つけた考え方 「抽象度」を理解する 抽象度の高い知識と低い知識 抽象度の高い知識の例 人の話の本質を理解する 具体と抽象の両面を常に考える…

前提条件とロジックを自分の頭で整理する力が思考力であり理解力│箕輪氏『死ぬカス』に学ぶ

前提条件とロジックを自分の頭で整理する力が思考力であり理解力│箕輪氏『死ぬカス』に学ぶ 前提条件とロジックを自分の頭で整理する力が思考力であり理解力│箕輪氏『死ぬカス』に学ぶ 20代は嫌なことは断るべきか 箕輪氏の主張は矛盾・ダブルスタンダードか…

ちきりん氏「思考時代」に求められるのは価値体系を創り上げる「思想」の力

「思考時代」に求められるのは価値体系を創り上げる「思想」の力 「思考時代」へ 思考時代の「前提」は何だろう? 「何をやるべきかを自分で考える」より上位の仕事 キーワード「思想」 思考時代の「本質」は何だろう? 推薦図書 おわりに

メタ認知能力をトレーニングする4つの方法

メタ認知能力をトレーニングしたい!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ビジネスで高い成果を上げるためには「自分をメタ認知する能力」が必要不可欠ですが、その能力をトレーニングする方法はあるのでしょうか? そこでこの記事では ・メタ認知…

仕事ができる人が熟考する時間をとってまで考えている3つのこと

仕事ができる人って、深く考えるときに一体何を考えているんだろう?仕事ができる人は、得てして毎日非常に忙しくしています。 そんな人が熟考する時間をとってまで考えることには、普通の人にはない秘密が隠されているのではないかと考えました。 そこでこ…

論理的思考の基礎講座│ロジカルシンキングの苦手意識克服プログラムまとめ

論理的思考を自分も身につけたい!という気持ちに答えるための、初歩の初歩からの基礎講座がこのページです。 このブログでは「論理的思考」をテーマに、その基本的な考え方から具体的な実践方法まで幅広く解説してきました。 そこでこの記事では ・「論理的…

仮説思考の基礎講座│知的好奇心を武器に自分の頭で考える人の発想法まとめ

仮説思考ってどんな考え方だろう?と「仮説思考」という言葉に関心がある人も少なくありません。 巷には外資系コンサルティング会社の経験をベースとした「仮説思考」を謳う書籍もありますが、情報量も多く、今ひとつピンとこない人もいるはずです。 そこで…

本質思考の基礎講座│抽象的思考を使いこなし、本質を見つける人の発想法

抽象度を上げて本質的に考える本質思考、できるようになりたい!という方は少なくないはず。 同じ職場や学校で同じものを見ているはずなのに、出てくる発想も行動も自分とは全然レベルが違う優秀な人は、一体どの様に考えているのでしょうか? この記事では …

合理的な人の5つの特徴と合理的判断力を高める3つのポイント

合理的に考えられる人ってすごいなあ…合理的に判断すればいいとわかっていても、どうしても自分の感情や目の前の誘惑に負けてしまい、後から後悔することが沢山あります。 そこで今回は ・合理的に考える人の特徴は? ・どうすれば合理的に判断できるように…

思考の抽象度を上げ、本質を捉える4つのコツ│抽象化能力・本質思考力の鍛え方

本質を見抜ける人になりたい!というのは誰もが憧れるところであります。 同じものを見ても全く感想や学びの質が違う人というのは、抽象的・本質的な思考力が高い人です。 そこで今回は、コンサルティングの実務で本質思考を教えながらクライアントの事業利…

論理的思考が苦手な人の10の特徴と対策│論理的な人はどう考えているのか?

「論理的」とか、どうにも苦手で…というのは多くの人が口には出さなくても抱えている気持ちだと思います。 学校や職場で「何でこんなことが考えられるんだろう?」という高いロジカルシンキング力を持った人を見ると、劣等感すら感じてしまいます。 そこで今…

論理的思考を実務で使う4つのコツ『ポケットMBAロジカル・シンキング』のまとめ

論理的思考を実務で使うには具体的にどうしたらいい?というお悩みがあるかと思います。 このブログでは論理的思考の全体像とツールはお伝えしていますが、具体的な実践に近いところは解説できていませんでした。 そこで今回は ・論理的思考をビジネス実務で…

「思考力」とは何か?知的活動の全体像『地頭力を鍛える』の学び

「思考力」って何?というのは意外と曖昧にされてしまうところ。 この問いには細谷功氏が2007年の『地頭力を鍛える』という本で、実践的なコンセプトをわかりやすく紹介しています。そこで今回は ・「思考力」とは何か? ・「思考力」を高めるためには何をす…

完璧主義を捨てるには?『まんがでわかる!仮説思考』で思い込みを手放す

思考を妨げる最たる要素は完璧主義であるというのがこのブログの主張です。 しかし「自分は完璧主義に陥っている」と気付いていても、なかなかその思考のクセを手放すのは簡単ではありません。 そこで今回は ・完璧主義はなぜダメなのか? ・どうすればいい…

直感型でも論理的思考は可能!『マッキンゼー式ロジカルシンキング』の学び

直感型の自分には論理的思考は無理だと思うことはありませんか? 論理的によく考えて判断する人を見ると「自分はいつも直感で決めてるし、論理的思考なんて自分には無理かな…」と思ってしまいますが、実はどんな人の判断にも必ず論理的な理由があります。 そ…

論理的思考力が高い人の違いは理由の深堀り│ロジカルシンキングの実践法

論理的思考力がある人って実際何が違うの?というのが気になるところ。「この人すごい賢い感じ!」というのはなんとなく分かりますが、普通の人と具体的に何が違うのかが分かれば、意識して同じ様に考えることができるはず。 そこでこの記事では ・論理的思…

仮説は外れた方がいい理由│仮説思考実践者のマインドセット

仮説が当たると嬉しい!というのは人間誰しも思うこと。 しかし「仮説検証を通じて目標達成を実現する」という観点からは、むしろ仮説は外れた方がいいと言えます。 そこでこの記事は ・なぜ仮説は外れた方がいいのか? ・仮説思考を実践するための重要なマ…

知的好奇心旺盛な人の特徴「仮説思考」│自分の頭で考える人の知的習慣

あの人はどうしてあんなに知的好奇心が旺盛なんだろう?と思う人っていますよね。新しいことへの開放性が高く、どんなことも楽しみながら学んでしまう。 そこでこの記事では ・知的好奇心旺盛な人の特徴 ・そうした人の知的情報習慣 を解説します。 知的好奇…

仮説思考とは何か│「分析仮説」と「戦略仮説」の内容と作り方

【更新】2019/12/03 情報を鵜呑みにせず、自分なりの仮説を持とう!と思っていても、情報をどう扱うか、仮説をどう作るかの具体的な方法がわからなければ、実践することは出来ません。 そこでこの記事では ・「仮説思考」とは何か? ・分析仮説と戦略仮説の…

思考の抽象度が高い人の10の特徴│本質思考のリアルを知る

抽象的に考えられる人はすごい!と思われがちですが、実際のところどうなのでしょうか。「抽象的に考えられる」ということがその人の優秀さとどの様に繋がるのか、具体的にイメージするのが難しいところもあります。 そこで今回は ・思考の抽象度が高い人の…

「バカと言ったほうがバカ」の真理│本質思考を支える知的態度

バカって言ったほうがバカなんだからね!と小学生くらいの頃はよく言ったものですが、そこから20年ほどして、「バカと言ったほうがバカ」というのは極めて本質的な指摘だと思い至りました。 そこで今回は ・なぜ「バカと言ったほうがバカ」が本質的なのか ・…

「自分のアタマで考える」とは?│本質思考としての批判的思考

「自分のアタマで考えよう」って言われてもムズカシイなあ…と感じるのは、そもそも「自分のアタマで考える」がどういうことなのか整理ができていないから。 そこで今回は ・「自分のアタマで考える」とはどういうこと? ・どうやったら実践できる? を実際に…

「考える/思考」の実践的定義の提案│GoogleX「3つの思考」と二重過程理論

「考える」って、現実的には何をすること?「考えよう!」と言われるたびに、「でも、考えているつもりだけど…」とわからなくなることがあります。 そこでこの記事では ・「考える」「思考」のわかりやすい実践的な定義 ・背景にある実践的・科学的研究 をご…

「本質的な理由」の意味とその見つけ方│本質思考の科学的解説

本質思考で考える「本質的な理由」がまだしっかりと理解できない本質思考の記事、特に「【第2講】本質思考の実践方法を学ぶ」では本質的な理由を考えるということをお伝えしましたが、まだ腑に落ちていない方も多いかもしれません。 そこでこの記事では ・…

問題を定義するのが難しいのはどんなとき?│問題解決の実践

問題解決の仕事をしていると、「問題が解決できないのは、問題が何だかわかっていないから」というのが大抵の組織に共通する課題なのだということがわかってきます。 「解決すべき問題を正しく定義する」というのは、思っている以上に難しいことで、コンサル…

なぜ自分だけ「もっとよく考えろ」と言われるのか?│論理的思考の苦手克服トレーニング

「もっとよく考えろ!」 というのは、仕事をしていて最も苦痛を感じる言葉の一つです。だって、自分としては十分に「よく考えた」と思っているのだから。 周りを見渡せば、同期や世代の近い後輩を見ても、自分ほど周りに迷惑をかけている人はいないように思…

「本質」とは何か?│質量問題の解答と本質思考の圧倒的な価値

【更新】2019-12-02本質思考で物事の枝葉ではない、本質的なことを考えられるようになるというのは多くの人が頷くところですが、「そもそも『本質』ってなんだろう?」という疑問が残ると本質思考という言葉が独り歩きして、なかなか実践に繋がりません。 そ…

仮説思考で成長を仕組み化する「仮説検証スキル」のトレーニング

仮説検証って、具体的にどうやってやるの?というのが今回のテーマ。 仮説検証は「仮説を立てる→実行する→検証する→…」を繰り返すことで仮説の精度を高める技術です。言葉や概念は簡単ですが、いざ実践しようと思うと「あれ?」と思うところが多々あります。…