ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング

問題解決や論理的思考を探究し続けるブログです。企業でも個人でも、抜本的なビジネス改善から日々のアイデア仕事まで、定めた目的を達成するためのあらゆる営みを「問題解決」と捉えて、理論と実践を一つの体系でシンプルに整理・統合することを目指しています。

自己分析は一次関数のグラフの様なもの│自己分析の意味・狙い

「結局のところ、自己分析って何のためにやるの?」

という疑問には「やりっ放しNG!自己分析・性格診断結果が出たらやる3つの行動」という記事で基本的な答えを出したつもりですが、個人的にはもう少し具体的なイメージがあるので、それもお伝えしていきたいと思ってこの記事を書き始めました。


私は大学生の頃から自己分析なるものに手を出したわけですが、その頃から

「自己分析って一次関数のグラフみたいなものだなあ」

と思っておりました。


その説明には、次の図を見てもらうのが早いかと思います。

f:id:amsoat:20191018204253j:plain

自己分析は一次関数のグラフのようなもの
原点:生まれたときの自分
(x1,y1):現在の自分
y-ax:自分の人生のあゆみ
a(傾き):ブレない軸
(x2,y2):あるべき目標

大学生当時はこんなイメージを持っておりまして、いまもこの通りだなあと思っているわけです。


一歩ずつ見ていくと、まずは生まれたときの自分は原点(0,0)だったと仮定するならば、現在の自分はそこからいろいろな人生経験を経て、生まれたときとは違うところにいるはずだと考えます。


でも、自分がいまどんなところに立っているのか、どれほど成長し、どんな自分になったのかは、なかなか簡単には把握できません。


そこで、

価値観分析
無料の性格診断

といったやり方を使って

まずは現在の位置(x1,y1)を明らかにしよう!

ということをやるわけです。

f:id:amsoat:20191018204518j:plain

自己分析とは「現在の座標の特定」なわけです。


2つの点が明らかになると、その2点を通る直線が引けるようになります。


人生は山あり谷ありなので、真っすぐ歩いて現在地にたどり着いたわけでは決して無いのですが、少なくともスタート地点と現在地点を最短距離で結ぶと、一意の線が引けるわけです。


この線分が、これまでの人生経験をモデル化して捉えたもの。細かく右往左往していたとしても

大きく捉えればこういった方向性で進んできたよ!

ということは間違いないわけです。


1次関数では、直線y=axが引ければ、傾きaが定義できます。この傾きaが、自己分析で見つける「ブレない軸」というやつです。

f:id:amsoat:20191018204526j:plain

自己分析をすること(=座標(x1,y1)を特定すること)と直線の傾きを定義すること(a=?を具体的に決める)は全く違う作業ですので、自分の価値観や性格・強みを言葉にするということは意識的にやらなければならないわけです。

POINT

価値観や性格・強みを言語化するための具体的なやり方
価値観を表す言葉を見つける
「ブレない軸」を言語化する

こうして軸を定義できたならば

自分の未来がどこにあるべきか?

も予測(定義)できるわけです。


それはもちろん、この直線上にあるべきです。


なぜなら、自分の軸になる価値観や性格といったものはそう簡単に変わらないので、この延長線上から外れてしまうと、意識的に大きく自分を変える必要が出てくるからです。


一言で言えば「無理をする」ということです。


ですので、自分で目標を設定するときは、必ずこの直線の延長線上にしましょうという話です。

f:id:amsoat:20191018204534j:plain

あるべき目標(x2,y2)は、y=ax上に設定してあげて下さい。

そして最後は、目標が設定できたら、抜け目なく、達成のための計画も立てましょうというお話です。


どんな目標であっても、最もその達成に効果が高いのは習慣的にやる行動を決めるというやり方です。

目標達成のために毎日行動している

という状態を作ることがとても大事ですね。

  • 朝起きたら○○をする
  • もし…となったら~をする

など、条件を決めて行動を継続することが鍵であります。

f:id:amsoat:20191018204541j:plain

大事なのは、自分の変わらない軸に沿って行動も設計すること。自分の特性をうまく活用した、無理なく続けられる習慣を決めることが一番効きます。

こうした一連の流れをしっかりとやりきることが、自己分析の狙いなのではないかなあと思っております。


このイメージが持てるようになってから、判断に迷いがなくなったといいますか

ストレスなく生きていくってこういうことだよね

という実感が持てるようになりました。


ぜひ、自己分析を生活の向上に活かしてもらえたらなあと思います。

blog.uwanokikaku.xyz