ウワノキカクのキカクメモ│論理的思考・問題解決のトレーニング

問題解決や論理的思考を探究し続けるブログです。企業でも個人でも、抜本的なビジネス改善から日々のアイデア仕事まで、定めた目的を達成するためのあらゆる営みを「問題解決」と捉えて、理論と実践を一つの体系でシンプルに整理・統合することを目指しています。

自己分析のための信頼性の高い性格診断サービス3選【無料】

「最高の自己分析は価値観分析だ!」ということは間違い無いのですが、1回やるのにそれなりの時間とエネルギーが必要なのがたまにきず。

自分がどうしたいのかわからない

とにかく将来が漠然と不安

自己分析も、まずは手軽にさくっとやれないかな?

という方には、お手軽な性格診断系コンテンツもおすすめしています。


当たり前すぎることですが、誰一人として避けて通れない事実。それは

自分のことは自分で決めなければならない

ということ。


自信を持って毎日前に進むためには、明確な指針・意思決定の軸となる自己理解が必要なわけです。


そこで今回は、これまで10年以上に渡って様々な自己分析に手を出してきた経験から、自己分析に使えて、かつ特に信頼性の高いと考える性格診断サービスを3つご紹介します。

自己分析のための信頼性の高い性格診断サービス3選

f:id:amsoat:20191017103856j:plain

自己分析に使える3つの性格診断サービス

自己分析に使える信頼性の高い性格診断サービスは以下の3つです。

それぞれ特徴が異なりますし、無料でできるので3つすべてをやってみることをおすすめしますが、適当にピンときたものを1つ選んでいただくのでもよろしいかと思います。
 

なぜこの3つを勧めるのか?

「性格診断」という部類のサービスは世の中に無数に溢れておりますが、品質はまさに玉石混交。時間を無駄にしない優良なサービスを選ぶ必要があるわけです。


そんな中でもこの3つを強く勧めるのはこの3つのサービスが特に信頼性が高いからです。


今回ご紹介する3つが信頼性が高いといえるのは…

「信頼性が高い」と言える理由

  • 理論や分析手法がしっかりしている
  • 診断実績が豊富
  • 診断結果の説明力が高い

といった点から評価しております。


個人の経験に基づく「なんちゃって」の診断ではなく、きちんと学術的・統計的な理論と手法に則っていることは非常に重要です。


理論と手法は、多くの科学的な検証によって鍛え上げられていくもの。「どれだけの実績があるか」「科学的な信頼性があるか」はしっかり見なければなりません。


そして何より、出された診断結果が「現実的に自己理解を深め、適切な意思決定を促す説明力があるか」といったアウトプットの質が大切なのは言うまでもありませんね。


以上の3つの視点から厳選したサービスを以下にて具体的にご紹介しています。
 

エムグラム

まず1つ目が「エムグラム」というサービスです。
mgram.me

日本の株式会社mgramのサービスで、105の質問に答えることで自分の性格の特徴的な8つの要素が無料で明らかになります。

エムグラムの特徴

  1. 自分だけの「8つの性格」が明らかになる
  2. 時系列変化や相性診断機能も
  3. 詳細なレポートが見られる【有料】

2017年4月のリリース以降、世界各国で800万人以上の実績(2019年10月現在)があります。

※参考:「エムグラムとは」
mgram.me

診断結果は、こんな形で「8つの性格」が表示されます。

f:id:amsoat:20191017134421j:plain

#危ない橋は渡らない
#果てしない熟考
#妥協とは無縁
#察しが良い
#ドライ
#ひとりの時間も大事
#感受性高め
#協調性少なめ

私のことをよく知らない人でも、読み上げるだけでどんな人か想像できちゃうような気がしますね…笑


利用は無料ですので、何度でもやり直すことができます


私は過去に5回やっていますが、過去のすべての結果を見直せるほか、前回からの変化点もレポートされますので、アカウントを登録して数ヶ月~半年に一度やり直すのもいいですね。

f:id:amsoat:20191017135206j:plain

また、相性診断機能もあり

  • 2人の似ているところ・違うところTOP3
  • 2人の出会いの必然性○%

といったことも見られます。


加えて、ここからがエムグラムの本領発揮で、有料での追加サービスもあります。

  • プレミアム深層性格レポート:税込1,970円
  • 性格偏差値データ:税込4,970円

その人の才能や適職などの分析がこのように出てきますので、より深く自分を理解することができます。

f:id:amsoat:20191017140355p:plain

上記は8つ要素のみが書かれていますが、それぞれの詳細説明が読めるようになります。


「性格偏差値」は非常に面白いデータで、全部で14の特性について自分が「世の中のどれくらいの位置にいるのか?」が見られます。

f:id:amsoat:20191017140524j:plain

例えば、私の慎重性は偏差値81、1万人中10位のレベルだそうです。笑


信頼性が高く、無料でも十分な量の情報が得られるエムグラムは自己理解を促す強力な武器になってくれます。
 

16Personalities

次は、「16Personalities」というサービスです。
www.16personalities.com

イギリスのNERIS Analytics Limitedが開発・提供する「性格分類・類型化型」のテストです。

16Personalitiesの特徴

  1. 性格を5つの要素軸で評価し16の性格タイプに分類
  2. 2億人以上が使う世界最大規模の心理テスト
  3. 性格・気質に加えて強み・弱みまで解説【一部英語】

心理学・認知科学の領域で長い歴史を持つ性格分類の考え方に、昨今最も信頼性の高いビッグファイブの理論を取り入れた独自のテストで、現在世界で2億人以上に使われています。


たくさんの質問に答えていくのはエムグラムと同じですが、以下の「性格の5要素」それぞれに得点をつけていくことで自分の特徴的な資質を明らかにし、それを16のタイプに性格を分類していきます。

性格の5要素

  • 意識(Mind):内向型(Introverted)⇔外向型(Extraverted)
  • エネルギー(Energy):直感型(Intuitive)⇔現実型(Observant)
  • 気質(Nature):論理型(Thinking)⇔道理型(Feeling)
  • 戦術(Tactic):計画型(Judging)⇔探索型(Prospecting)
  • アイデンティティ(Identity):自己主張型(Assertive)⇔慎重型(Turbulent)

テストをすると「INTJ-T」のようにアルファベット5文字が割り振られ、その結果に応じて性格タイプが割り当てられます。


結果画面はこんな感じです。

f:id:amsoat:20191017151334j:plain

16の性格タイプは以下の通り。

性格タイプ

  • 分析家:建築家・論理学者・指揮官・討論者
  • 外交官:提唱者・仲介者・主人公・広報運動家
  • 番人:管理者・擁護者・幹部・領事官
  • 探検家:巨匠・冒険家・起業家・エンターテイナー

例えば「建築家」の場合は以下のような形で説明が始まります。

f:id:amsoat:20191017161623j:plain

性格タイプごとの詳細な解説はこちらから見ることができます。
www.16personalities.com

何より世界2億人を超す世界最大規模の実績と、背後にはビッグファイブ理論を活用しているということから極めて信頼性・説明力の高いテストであると言えます。
 

超性格分析

最後に紹介するのは、「超性格分析」(スマホアプリ)です。
◆iPhone

メンタリストDaiGo-超性格分析-  究極の相性診断

メンタリストDaiGo-超性格分析- 究極の相性診断

  • IGNIS LTD.
  • エンターテインメント
  • 無料
apps.apple.com
◆アンドロイド
play.google.com

このブログではときどき紹介しているメンタリストDaiGo氏監修のアプリです。

超性格分析の特徴

  1. 「ビッグファイブ」を活用した科学的信頼性の高い性格診断
  2. 5つの性格要素でシンプルに分析
  3. 相性診断も可能

「16Personalities」の話でも少し出てきましたが、ここでも活用されているのが「ビッグファイブ」という心理学の世界では最も信頼性が高いと言われるパーソナリティモデル分析


「16Personalities」はビッグファイブを取り入れた独自モデルでしたが、「超性格分析」はビッグファイブそのものを測定しています。


測定される5つの性格要素は以下の通り。

ビッグファイブの5つの性格要素

  • 開放性(Openness):知的好奇心・発想力
  • 誠実性(Conscientiousness):まじめさ・計画性
  • 外向性(Extraversion):社交性・積極性
  • 協調性(Agreauleness):やさしさ・共感力
  • 神経症傾向(Neuroticism):不安・繊細さ

高ければ高いほどよいというわけではなく、高い/低いそれぞれに異なるメリットがあると言われています。

  • 開放性

高い:芸術性・知性が高く、改革力がある
低い:日常の形式・一定のリズムを重視し、問題解決能力がある

  • 誠実性

高い:自己コントロール力や集中力がある
低い:行動力・瞬発力・即興力が高い

  • 外向性

高い:コミュニケーション力があり、野心や欲望が強い
低い:家庭の安定を重んじ、考察力や学習力が高い

  • 協調性

高い:他者への共感力・貢献力が高い
低い:カリスマ性があり、成功・出世に強い

  • 神経症傾向

高い:恐怖心がなく、温和で頼れる
低い:洞察力があり、空気が読める

5つの要素を一つずつ、各12問・計60問で診断します。結果は以下のように表示されます。

f:id:amsoat:20191017160608j:plain

個別の指標に関する詳しい説明も読むことができます。

f:id:amsoat:20191017160813j:plain

ビッグファイブを活用した心理学の研究結果は非常に多く、「~が高いと…だ!」という形の実験結果も多数存在します。


「ビッグファイブの結果を知っておきたい!」という方にとっては手軽に診断できる機会になります。
 

おわりに

f:id:amsoat:20191017103924j:plain
「性格診断」という領域で、今回挙げた3つのテストを超えるものは、しばらくは今後も出てこないのではないでしょうか。


圧倒的な数による科学的・統計的な検証が繰り返されているこれらのテストの結果を見ながら自己理解を深めていきましょう。


性格診断を終えたら、ぜひ価値観分析の方にもチャレンジしてみてください。

blog.uwanokikaku.xyz